データ結合とはInDesignにUTF-16のテキストを読み込ませて定型の流し込みを行う機能です。
データ結合を使うと非常に便利に名刺や名簿などが作れるのですが問題があります。

サロゲートペア文字
サロゲートペア文字をご存知でしょうか?くわしい説明はできませんが、 UTF-16で特殊な文字を表現する文字です。

データ結合でサロゲートペア文字が消える
(普通に配置で読み込んだ場合は大丈夫)
データ結合にサロゲートペア文字を含む文字を読み込ませるとエラーもなく文字が消えます。



(画像01,02,03)
サロゲート文字の一覧はネットで検索したら出てきます。
土の吉=>[𠮷]なんかはリストにはありませんがこの文字もサロゲートペア文字のようです。

データ結合で流し込むという場合は名刺や名簿のように人名含むことが多く、さらに何千と行数があったりして
データ結合後に、流し込んだ文字があっているかをみつけるのは困難です。

ということで流し込む前にサロゲート文字があるかどうかわかれば便利かと思いサロゲートペアチェッカーを作りました。
(正規表現はネットで見つけましたので私が作ったわけではありません。)

使い方はInDesignのスクリプトにインストールして[サロゲートペアチェッカー.jsx]をダブルクリックします。
テキストファイルを聞いて来ますので選択します。サトゲートペア文字が見つかれば[サロゲートペアエラー.txt]を出力します。




ダウンロードはこちら
surrogate.zip

InDesign56
//サロゲートペアのチェック
//ダイアログ表示のおまじない
app.scriptPreferences.userInteractionLevel=1699311169;

main();

//**************************************************
//テキスト読み込み
//**************************************************
function main(){
	filename = File.openDialog("ファイルを指定してください");
	if(filename){
	}{
		fileObj = new File(filename);
		flag = fileObj.open("r");
		if (flag == true){
			var m = 1;
			var errorstr = "";
			while(!fileObj.eof){
				text = fileObj.readln();
				var result = text.match(/[\uD800-\uDBFF][\uDC00-\uDFFF]/);
				if(result != null){errorstr += m+"行目:"+result+"\n"}
				m++;
			}
			fileObj.close();
			if(errorstr == ""){
				alert("サロゲートペア文字はありませんでした。");
			}else{
				var my_folder = filename.parent;
				write_file('' + my_folder + '/サロゲートペアエラー.txt', errorstr);//ファイル書き込み
				alert("サロゲートペア文字が見つかりました。\n読み込みファイルと同じディレクトリに[サロゲートペアエラー.txt]を\n書き出しましたので\n書き出したファイルを見てしっかりチェックしてください。");
			}
		}
	}
}

//市川せうぞーさんより
//http://d.hatena.ne.jp/seuzo/20100918/1284799291
////////////////////////////////////////////データをファイルに書き込む 。書き込んだファイルオブジェクトを返す
function write_file(my_write_file_path, my_data) {
	var my_file_obj = new File(my_write_file_path);
	my_file_obj.encoding = "UTF-8";//★この行がないとShift-JISで書き出される
	if(my_file_obj.open("w")) {
		my_file_obj.write(my_data);
		my_file_obj.close();
		return my_file_obj;
	} else {
		myerror("ファイルが開けません\n" + my_write_file_path);
	}
}

MacBook Pro Mid 2009にSSDを入れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

MacBook Pro Mid 2009を2018年3月に息子用にすることにしました。

Yosemiteが入っているのですがあまりにも遅いのでSSDにしてパワーアップすることにしました。
娘が使っていたのですがとにかく何をやるにしてもおっそい。何も起動していない状態でファインダを開いただけでしばし待たなくてはいけない。
これはハードのせいだけとも思えないのですが、おさがりもかわいそうなので最大限にパワーアップです。
ちょっとバラシもひさびさにやりたかったので。

購入したのは

240GBのSSD 8,980円

【送料無料】WESTERN DIGITAL(SSD)WD Greenシリーズ 第2世代 SSD 240GB SATA 6Gb/s 2.5インチ 7mm cased 国内正規代理店品 WDS240G2G0A
もともとMacBook Pro Mid 2009はHDDが180GBしかありません。ですのでパワーアップして240GBのSSDにしました。(128でもよかったかも)
メーカーは信頼性重視でWDです。HDDは以前安物のサムソン買ってえらいめにあったので以来HDDは東芝かWDのにしています。

メモリ 2GBを2つ2,591円×2

BUFFALO DDR3 SDRAM S.O.DIMMメモリー for Mac(2GB) A3N1333-2G
初めて買ったメモリは8MBで25000円だったなぁ。。。MacBook Pro Mid 2009はメモリが2GBでした。DDR3というタイプのものを使用します。めちゃ高いのもあったので注意。

バッテリー 4,099円

【日本国内向け】【ブランドセル使用】アップル 新品 APPLE MacBook Pro 13 インチ A1322 A1278 MB990LL/A MB991LL/A 互換 バッテリー
検索した中ではかなり安いバッテリーでした。バッテリー交換には専用のドライバーがいるようなのですが、これは工具もついているのでこれにしました。

合計楽天で18,261円でした。作業は息子にさせました。さっそくバラシレポです。

まずはSSDを外付けケースに入れて、Yosemiteをインストールしておきました。事前にやっておいた方がいいです。(ここは画像なしです)

MacBook Proを裏返してネジを外します。

長いネジが3つあったので、マスキングテープで目印しておきます。

ネジを外すとかぱっと裏側が空きます。けっこう簡単にばらせたんですね。
写真の左上がバッテリー。その下の緑がメモリ。右上がHDDですね。HDDの下はDVDドライブです。真ん中下のファンのあたりがCPUでしょうか。ホコリだらけだったので掃除しておきます。

バッテリーのネジは2箇所。ベンツのマークの形をしたドライバーでないとだめです。

ネジを外して真ん中のテープを引っ張ってバッテリーを外します。

コネクターがあるのでこちらも外します。

けっこう硬かったですがなんとかはずれました。

新しいバッテリーを載せます。

バッテリーを固定する前にメモリも入れ替えます。左右の固定するやつを広げるとメモリが浮き上がります。

メモリを抜くとこの状態です。

新しいメモリを斜めに差し込みます。きっちりはめないとダメです。刺さるとささったという手応えがあります。
まぁまぁ力がいりますが無茶して壊さないように。

完全にささると水平にパチンと押し込みます。

バッテリーもねじ止めして大丈夫ですね。

次はHDDを交換します。固定されているので留め具をドライバーで外します。

DVDドライブ側をはずすとHDDもはずれます。

HDDが外れたので接続ケーブルもはずしましょう。これも硬いのでゆっくり水平に外していきます。

完全にHDDを外した状態です。

HDDに固定するためのネジがついています

なんとこのネジは星型。たまたま持っていたので外し、SSDの同じところにつけます。

SSDを取り付け

固定します。

蓋をしめてネジで固定

出来上がりです。

起動時間は25秒程度。Core 2 Duoなのでめちゃ早とはいえませんが、ブラウザやマイクラには十分かなと思います。

以上。お疲れ様でした。

Mac OS X El Capitan

| コメント(0) | トラックバック(0)

el001.png Mac OS X El Capitanを入れました。
新機能もありそれなりに楽しいのですが、気になるのはAdobeのソフト
まずインストール終了後、AdobeIllustratorCS5.1などは下記をインストールしないと
起動しません。

Java for OS X 2015-001

el002.png

https://support.apple.com/kb/DL1572?locale=ja_JP

インストールすると起動できるようになります。ただしIllustratorCS4のPhotoshopプラグインは相変わらず読み込んでくれません。

el003.png

それどころかファイルの配置メニューや開くメニューで左側に表示されるのがリモートディスクとメディアだけになってしまいました。※すぐに治りました。

el004.png

あまり更新していないのですが、業務がちょっと変わってきてWebシステムを多くやっているのと、DTP業務ではその仕事専用のツールを書いたりしています。あまり公開するものが無いなぁ。。。

カテゴリ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3
印刷会社、大阪の遊文舎

このサイトについて

最近のコメント