30)訂正シール複製

| コメント(7) | トラックバック(0)

InDesignCS3で選択されたオブジェクトを繰り返し複製します。
基本機能と違うのは水平垂直同時に複製できることです。

訂正シール用にトンボをつけることと
デフォルト値の移動量にオブジェクトのサイズが入り
移動回数はページサイズ/オブジェクトサイズを四捨五入した値がはいるようになっています。
つまり、何も設定せずに作成してもそこそこの結果が得られるという事です。

CS2、CS4でも動くと思います。
繰り返し複製のバージョンアップ版ですが若干用途が違うような気もするので別エントリーにしました。

このように間が離れているとトンボがこんな感じに作成されます。

ダウンロードはこちら seal.zip

InDesign20

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adg7.com/mt/mt-tb.cgi/158

Comments are nofollow setting

コメント(7)

たけうちとおる様

はじめまして。
プリント大阪の豊田潔と申します。

素晴らしいスクリプトをありがとうございます。

「訂正シール」ですが、これは大変便利ですね。
印刷会社としましては、本当はこのスクリプトを利用する機会がないほうがいいのですが...

さて、このスクリプトの件ですが、弊社では「Windows XP」と「InDesign CS2」の環境で実行しますと、複製分が現物と線幅分ずれます。
「geometricBounds」ではなくて、「visibleBounds」ではないでしょうか。

ご確認よろしくお願いいたします。

豊田潔さん
はじめまして。突然忙しくなり、更新が止まってしまっています。
Boundsは下記なので確かに線幅は考慮にいれないといけなかったですね。
また直しておきます。

geometricBounds
オブジェクトのアンカーポイントぴったりのサイズ
visibleBounds
オブジェクトに線の設定がされていれば
線幅も加えたサイズになる。

たけうととおる様

ご返信ありがとうございました。

ドキュメントの単位が「ポイント」のケースの対応は可能でしょうか?
また、「トンボ」に「InDesignトンボ」のような「コーナートンボ・センタートンボ」のオプションは可能でしょうか?

09/12/03「geometricBounds」ではなくて、「visibleBounds」に変更し、
線幅のあるオブジェクトでも正常に動くようにしました。

>豊田潔さん
>ドキュメントの単位が「ポイント」のケースの対応は可能でしょうか?
単位はドキュメント依存になっておりますので可能です。

>また、「トンボ」に「InDesignトンボ」のような「コーナートンボ・
>センタートンボ」のオプションは可能でしょうか?
Script的には可能ですが私自身必要性を感じていませんので訂正する気はあまりありません。さほど難しくないと思いますので自由に直していただければ幸いです。
「InDesignトンボ」のスクリプトを使えばヒントになると思います。

外トンボをつけることができました。
ありがとうございました。

>豊田潔さん
無事出来たようでよかったです。

たけうちとおる様
はじめまして。
繰り返し複製をいつも利用しています。
今回IllustratorCS6(MAC)で不透明マスクを利用したオブジェクトで、マスクがずれてしまう現象が起きてしまいました。
この辺を修正していただくわけにはいかないでしょうか?
ご検討のほどよろしくお願いします。

コメントする

エントリー一覧

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3
印刷会社、大阪の遊文舎