DTPの勉強会 特別編・第2回 お題のヒント

| コメント(2) | トラックバック(0)
9月17日(土)DTPの勉強会 特別編・第2回に出させて頂いているお題のヒントです。
またすでにお題を解かれた方にはチェレンジ課題も入れております。

[内容]
DTP作業でスクリプトを利用するメリットやその効果は多くの方が紹介されています。
しかし自分でスクリプトを作ろうとすると敷居が高く、挫折した方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はInDesignでJavaScriptを利用するためのスクリプト入門として、
簡単なスクリプトの作り方とカスタマイズ方法、スクリプトを作成するアプローチ
(考え方やDOMの読み方など)についてご説明いただきます。

なお、今回は課題を出させていただきますので、
開催日までに実際にスクリプトを作成してみてください。
当日はお題の答えとカスタマイズ方法の解説をメインに進行します。
お題は作成できなくても結構ですが、「どこでつまずいたか」「何がわからなかったか」を
ご自分で把握してご参加ください。

●課題1 テキストフレームのプロパティセット
・テキストフレームの中のテキストを上下センターにする
ヒント:
参考サイト古旗さんのOpenSpace http://www.openspc2.org/
ExtendScriptToolKitのヘルプからオブジェクトモデルビューアを選び
TextFramesを調べる

●課題2 場所の移動
・1つのテキストフレームを右へ10mm移動
ヒント:
alert(app.selection[0].geometricBounds);//Y1,X1,Y2,X2
参考http://www.adg7.com/takenote_b/2010/07/20-2.html
・2つのテキストフレームの間隔を3mmにする。
ヒント:
参考http://www.adg7.com/takenote_b/2009/03/post-22.html
●課題3 テキスト処理1
・テキストフレーム内の文字「楽しく」にルビをふる
ヒント:
参考サイト古旗さんのOpenSpaceテキスト(文字)関連 http://www.openspc2.org/
・「作成方法」にルビをふる(グループルビ)
上と同じ
●課題4 テキスト処理2
・テキストの中の値段をすべて10円アップする。
「バナナ120円りんご100円もも1,000円」
ヒント:
参考サイト古旗さんのOpenSpaceテキスト(文字)関連
http://www.openspc2.org/
あとここもhttp://www.adg7.com/takenote_b/2010/05/10-1.html


あと、対象となるオブジェクトは
app.selection[0]
で選択されたオブジェクトが取れます。


あと、すでに課題が出来ている方にはチェレンジ課題があります。

InDesignをJavaScriptでコントロールする
●お題1 テキストフレームのプロパティセット
・ページすべてのテキストフレームの中のテキストを上下センターにする

●お題2 場所の移動
・選択された2つのテキストフレームの間隔を3mmにする。

●お題3 テキスト処理1
・「InDesignのスクリプト作成方法を楽しく学ぶ。」にルビをふる

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adg7.com/mt/mt-tb.cgi/685

Comments are nofollow setting

コメント(2)

たけうちとおるです。少し質問があったので補足を
> 対象のテキストフレームは「選択したもの」でOKでしょうか?
> それともフレームもスクリプトで作成しますか?
はapp.selection[0]で選択されたオブジェクトが取れますので、
選択オブジェクトで良いかと思います。

> ふりがなはスクリプト内に決めうちでしょうか?
> それともテキスト中に記述してある形でしょうか?
> (「楽(たの)しく」など?)
ルビに関しては決めうちでスクリプト内に記述しているイメージです。
汎用性を持たせるためにステップアップして行く予定です。

すいません課題2の
・2つのテキストフレームの間隔を3mmにする。
とチャレンジ課題の
・選択された2つのテキストフレームの間隔を3mmにする。

は同じではないかとご指摘を頂きました。

>app.selection[0]で選択されたオブジェクトが取れますので、
>選択オブジェクトで良いかと思います。

確かに同じ事になってしまいましたのでチャレンジ課題は無しにします。
大変失礼いたしました。

テキストフレームの間隔は水平方向の距離です。
垂直はあわさなくてもかまいません。
もしできそうなら、左側のオブジェクトに合わせてください。

コメントする

エントリー一覧

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3
印刷会社、大阪の遊文舎