10)選択された文字に交互に字取り1を適応

| コメント(0) | トラックバック(0)

INDDご来場の皆さん。ありがとうございました。
その中で話題になった、重ね文字の仕様を楽にするスクリプトです。
くわしくはコチラ
らくがきあつめ。重ね売価作成手順最新まとめ(イラストレーター、インデザイン)

ふち文字をトラッキングで重ねた状態で交互に字取り1を適応すると
いい感じに文字が重なるそうです。ですのでこのスクリプトは選択文字に対して交互に字取り1を適応するスクリプト。

正規表現スタイルで十分行けそうな気もしますが、作っちゃいました。
案外難しいかも正規表現スタイル。。。。

■■■このスクリプトについて■■■
InDesignの
選択された文字に交互に字取り1を適応

■■■使い方■■■
InDesignのテキスト選択ツールで文字列を選択します。
スクリプトパレットの「交互に字送り1.jsx」をダブルクリックします。
交互に字取りが1になります。

ダウンロードはこちら
kuikomi.zip

InDesign53

var myDocu=app.activeDocument;
var selList=myDocu.selection;
var itemCount=selList.length;
if(itemCount==0){
	alert("テキストフレームを選択ツールで選択してください。");
}
var myStr = selList[0].contents;
var strCount = myStr.length;
for(var i = 1;i < strCount;i=i+2){
	selList[0].characters[i].jidori = 1;
}

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adg7.com/mt/mt-tb.cgi/710

Comments are nofollow setting

コメントする

エントリー一覧

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3
印刷会社、大阪の遊文舎