09)数値地図をIllustratorに

| コメント(1) | トラックバック(0)

g-xml形式の数値地図データをIllustratorドキュメントに再現します。

うまくいかないときは拡大率や座標がアートボードからはみ出している場合も考えられます。
下の値ぐらいに変更して試してみてください。
var myper = 0.01;//拡大率
var xoffset = 0;//X座標の移動値
var yoffset = 0;//Y座標の移動値

たぶんIllustratorCS4でも動くと思います。

■■■数値地図のダウンロード方法■■■
「独立行政法人統計センター」のホームページから数値地図をダウンロードします。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
から「地図で見る統計(統計GIS)」をクリックします。
次の画面で「データダウンロード」をクリックします。

データダウンロードで平成17年度国勢調査(小地域)を選択します。
右側はなんでもかまいませんので選択し「次へ」をクリックします。

次の画面で地域を選択して「検索」をクリックします。
右側に表示される
「世界測地系平面直角座標系・G-XML形式」か
「世界測地系緯度経度・G-XML形式」を選択してダウンロードします。

■■■使い方■■■
Illustratorドキュメントを開いている状態で使用してください。
スクリプトを実行するとg-xmlファイルを聞いてきますので選択してください。
町がレイヤー名になります。すごくパスの多い町はエラーになるようです。
その場合レイヤーにエラー町名という名前に変更します。
終了すると終了しましたのメッセージが出ます。

ダウンロードはこちらg-xml2ai.zip

Illustrator9

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adg7.com/mt/mt-tb.cgi/145

Comments are nofollow setting

コメント(1)

フォルダ選択で複数のxmlを同時に地図にするのはこちらをお使い下さい。

http://www.adg7.com/takenote_b/down/illustrator/g-xml2ai/g-xml2ai_folder.zip

コメントする

エントリー一覧

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.0.3
印刷会社、大阪の遊文舎